fbpx

ダイエット

【体質改善】漢方ダイエットの効果とは?|体質別オススメ漢方を解説

よくテレビCMを見ていると、「内臓脂肪がみるみる減っていく!」と謡っている、漢方配合の商品がありますよね。 

つい、目を奪われてしまいそうになりますが、飲むだけで痩せられるのは本当なんでしょうか? 

漢方を飲むだけで痩せることができるのであれば「試してみたい!」って思う人も多いはず。 

この記事では、漢方ダイエットってどういうもの?という疑問から、体質別の漢方の選び方のコツなどもご紹介していきます。 

漢方を上手にダイエットに取り入れ、太る原因を改善し、痩せやすいカラダづくりを目指していきましょう。 

1.漢方ダイエットとは 

「漢方ダイエットってどういうもの?」 

「漢方ダイエットって名前は聞いたことあるけど、なんで痩せるのか分からない」 

そのような声もあると思いますので、簡単に漢方ダイエットについて、説明していきますね。 

漢方ダイエットとは、自分の体質に合った漢方を使用し、漢方特有の用語である「証(しょう)」と「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」といわれる3要素のバランスを整えることで、痩せやすいカラダに導くという考え方のダイエットです。 

証(しょう)」とは簡単にいうと、「そのひとの状態(体質や体力の有無、症状の表れ方など)」のことをいい、「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」はそれぞれ、生命エネルギー、血液、血液以外の体液を指す言葉です。 

自分の「証(しょう)」に合った漢方を使用し、「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」のバランスを整えることが漢方ダイエットの基本になります。 

「証(しょう)」つまり、体質に合わない漢方を使用していると、効果がないばかりか逆効果ということもありますので、使用する漢方は注意して選びましょうね。 

 2.漢方ダイエットは本当に効果がある?  

「漢方ダイエットは分かったけど、本当に効果があるの?」 

「CMの漢方ダイエット商品って、お腹がまんまるのおじちゃんばっかりだけど、女性にも効くのかな?」 

そのような疑問を抱くひともいるでしょう。 

漢方ダイエットは、人それぞれの体質を表す「証(しょう)」と、人のカラダを巡る3要素である「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」でカラダの不調を探り、バランスを整えることで、体質改善を目的としたダイエットです。 

太る原因は人それぞれで、食べ過ぎや運動不足、日々の生活のストレスや、睡眠不足なども太る原因になりえます。 

冷えやむくみ、便秘や睡眠不足など、太りやすくなる原因を解消することで、瘦せやすいカラダになる効果が期待できます。 

お腹だけがぽってりと出てしまった中年男性から、全体的にたるんでしまった体力のない女性など、太り方もそれぞれなので、ひとりひとりにあった漢方を使用する必要があります。 

漢方のみを使用した場合では、ダイエットとして効果をだすのは難しいかもしれません。しかし、食事改善や運動などと並行して使用することで、ダイエット効果がアップする可能性があります。 

漢方でダイエット効果を得るためには、自分の太る原因を把握し、自分の体質に合った漢方を選びましょう。 

3.漢方ダイエットのやり方  

漢方ダイエットをするためには、自分の体質を知り、体質に合ったものを使用することが最も大切です。 

漢方は体質や症状に合わせて使用するものですので、「知り合いが防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)を使用して痩せたから、私も痩せるだろう」などと、安易に使用するのは避けてください。 

自分の体質に合わない漢方を使用していると、効果がないばかりか逆効果ということもありますので、使用する漢方は注意して選びましょう。 

体質別にオススメ漢方を3つピックアップしましたので、ぜひ漢方を選ぶときの参考にしてみてください。 

3-1.【体質別】漢方の使い分け方 

3-1-1.体力がある、お腹周りの肉付きがいい、便秘がちなひと 

オススメ漢方:防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 

効果:脂肪燃焼効果、脂肪分解効果、便秘改善、代謝向上など 

さらに、小林製薬株式会社の研究成果では、余分な脂質を便と一緒に押し出す効果があると発表されています。 

3-1-2.色白、疲れやすい、体力がないひと 

オススメ漢方:防已黄耆湯(ぼういおうぎとう) 

効果:むくみ改善、冷え改善、水太り改善など 

3-1-3.体力がある、代謝が悪い、赤ら顔のひと 

オススメ漢方:桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん) 

効果:血行改善、冷え改善、ホルモンバランス改善など 

4. 漢方ダイエットのメリット・デメリット  

漢方ダイエットは、体質改善を目的としたダイエットになりますので、リバウンドしにくく、痩せやすい体質づくりをできるのがメリットです。 

太る原因や体質に合わせた漢方で体質改善をおこなうことで、痩せやすいカラダにシフトする効果が期待できます。 

デメリットですが、漢方は、すぐには効果が感じづらい、飲み始めてしばらくしないとカラダに合っているか実感を感じづらい、などがデメリットとして挙げられそうです。 

西洋薬やダイエットサプリなどと比べて、効果には個人差がつきやすく、継続して使用することが必要になります。 

味に癖があるものも多く、飲むのが苦手というひとも多いですね。 

そのまま飲むことができないひとは、オブラートを使用して飲んでも大丈夫です。 

 5.まとめ  

漢方ダイエットは、カラダのバランスを整え、体質改善をすることで痩せやすくするダイエット方法です。 

体質改善をして体調も良くなって、痩せることもできる、漢方ダイエットはいいことづくめのダイエットです。 

しかし、どんな漢方でもいいという訳ではありません。 

体質に合った漢方を飲まなければ痩せることはおろか、逆に太りやすくなることもありえます。 

漢方でダイエットするためには、自分の体質にあった漢方を飲むことが最も大切です。 

自分の体質に合った漢方をダイエットに取り入れて、体質改善から痩せやすいカラダづくりを目指しましょう。 

-ダイエット
-,

© 2021 WindooR-hid blog Powered by AFFINGER5