fbpx

美容

紫外線は肌トラブルの根本原因!正しい紫外線ケアを解説

紫外線は、シミやそばかすの原因であることは知られていますが、実は乾燥肌やシワの原因になってしまうことをご存じでしょうか。

老化の原因の80%以上は実は紫外線によるものです。

この記事では紫外線が引き起こす肌トラブルと正しい紫外線ケアについてご紹介します。

肌トラブルを起こす2つの紫外線の波

紫外線と一口に言っても、肌トラブルを起こす紫外線には「UVA」「UVB」と呼ばれる2種類の波があります。

ここでは、UVAとUVBがそれぞれ肌にどのような影響を及ぼすか解説します。

UVA(紫外線A波)が起こす肌トラブル

UVA(紫外線A波)は表皮を通り越し真皮まで届き、シワやたるみ、乾燥を引き起こします。肌の光老化を引き起こす根本原因です。

波長が長いため、雲を通過することができるため、曇りの日でもUVA派は地上に到達します。
また、ガラスも透過することができるので家の中でも日焼けするので注意が必要です。

UVB(紫外線B波)が起こす肌トラブル

UVB(紫外線B波)は主に表皮に炎症を起こす原因で、シミやそばかすの原因となる紫外線です。

表皮にダメージを与えるUVBと真皮まで届くUVAを比較するとUVAの方が恐ろしい紫外線に見えますが、実はUVBも同じくらい肌への影響を持つ紫外線です。

UVBは肌にやけどを負わせ細胞を損傷させてしまいます。

肌がやけどのように赤くなったり、色素沈着を起こし黒くなったり、シミやそばかすを引き起こすため、UVBにも注意しなければなりません。

紫外線による乾燥肌が起こすトラブル

紫外線を浴び続けていると、肌自身が守るために角質でバリアを貼ってしまいます。

余分な角質を溜めこんでいる状態が続くと新たな肌が生まれるターンオーバーが促されず、ゴワゴワな古い肌がいつまでも角質に残り続けます。

古い角質は水分が少ないため化粧水を角質部分で吸ってしまい、せっかくお肌の奥まで届かせる成分が入っていても、届かなくなってしまうのです。

また、乾燥肌は肌本来が持つバリア機能を低下させてしまいます。

うるおいのある肌は、キメが整っており、ほこりや花粉などの異物・外的刺激から肌を守ってくれます。

しかし、乾燥肌は、肌のキメが均一に整っていないため、隙間から外的刺激が入ってしまったり、水分が蒸散してしまうのです。

肌トラブルの原因の乾燥肌は紫外線からもたらされているため、しっかりと紫外線対策をして肌を守ることが必要です。

紫外線から肌を守る正しい紫外線ケア

紫外線の肌への影響を理解したところで、次に肌を守る正しい紫外線ケアを解説します。

紫外線を浴びない工夫

紫外線ケアで重要なことは「紫外線を浴びない」ことです。

肌に紫外線が当たる量を物理的に減らす工夫として以下の手段があります。

  • 日傘を差す
  • 長そでを着る
  • つばの広い帽子をかぶる
  • サングラスをかける
  • 日差しの強い時間帯(午前10時から午後2時)は特に気を付けて肌を覆う

どうしても覆えない顔などは日焼け止めを利用することで、肌にヴェールを包むように紫外線から肌を守ることができます。

日焼け止めを使用する

ファンデーションなどのベースメイクやルースパウダーにはUV効果があるものもありますが、UV効果が十分でないものもあります。

なるべく日焼け止めを併用するようにしましょう。

日焼け止めの選び方

紫外線にはUVAとUVBの2種類があることを解説しましたが、それぞれの紫外線に対してどの程度効果があるのかは日焼け止めによって異なります。

日焼け止めのパッケージに「PA++++ SPF50」といった記載があります。

PAの後に続く+の数はUVA対策の効果です。

PA+からPA++++の4段階があり、+の数が多いほど、UVAの防止効果は高くなります。

SPFの数値はUVB対策の効果を表す数値です。

SPF値1から50+の数値で表示され、数値が大きいほどUVBの防止効果が高くなります。

PA++かつSPF30以上の日焼け止めを毎日必ず使用することをおすすめします。

毎日SPF値が小さく、PAの+の数が少ないと肌負担が少なく思われますが、近年ではSPF値が高く+の数が多くても肌に優しい日焼け止めやデリケート肌でも使える日焼け止めも発売されています。

日焼け止めの正しい使い方

日焼け止めは塗ってすぐに効果が発揮されるわけではありません。

日焼け止めが肌になじんでから、効果を発揮するまでに15分程度必要です。

外出する15分前までに日焼け止めを塗るようにしましょう。

また、日焼け止めは1度塗ったら1日中効果を維持できるわけではなく、2時間程度で効果が失われてしまいます。

日焼け止めは2時間ごとを目安に塗りなおしましょう。
汗や水はもちろん、強くこすった場合はで落ちてしまうのでつけ直すことをおすすめします。

メイクの上からでも使用できる、スプレータイプやスティックタイプの日焼け止めは1つ持っておくと外出先でも手軽に手を汚さずに利用できるので便利です。

まとめ

この記事では紫外線が肌に与える影響と正しい紫外線ケアの方法を紹介しました。

紫外線はシミやそばかすだけでなく、乾燥まで引き起こすため、入念なケアが必要です。

紫外線が強くなる季節はアウトドアも楽しい季節。

正しいケアでしっかりと紫外線対策を行い、イベントや季節を存分に楽しみましょう。

-美容
-, ,

© 2021 WindooR-hid blog Powered by AFFINGER5